お薦め動画集

・動画情報です
・ぜひ参考にしてください
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
Tina Pavon y Quique Paredes/Tangos
2015/10/23

Tina Pavon(ティーナ・パボン)と Quique Paredes/Tangos(キケ・パレーデス)によるTangosタンゴス、です。

ちょっとキケが続きますがご了承ください。
地味?ですが、ぜひ参考にしていただきたいギタリストの一人ですので‥‥。

ティーナ・パボン、どフラメンコというよりもスペイン歌曲というか民謡的?な唄い方ですが、ヒターノ疲れ?の時には心地良く聴けると思いますが、どんなものでしょうか‥‥!?

QUIQUE PAREDES POR BULERIA
2015/10/22

下でご紹介しているQUIQUE PAREDES(キケ・パレーデス)のオリジナル録音、です。
この演奏を生で見たい気がしますね。

どんなものでしょうか‥‥!?

Quique Paredes, bulerias, Paris 1987
2015/10/22

Quique Paredes(キケ・パレーデス)による bulerias(ブレリアス)です。Paris 1987ということで、だいぶ古い動画で残念ですね。それに、途中がカットされています‥‥何ということをするんでしょうね。

もう20年以上前から名前は聞いていたのですが動画は少ないようですね。
個人的には好きなギタリストで、何曲かはコピーしたことがあります。

このブレリアスも、パコ・デ・ルシアとペペ・アビチゥエラを混ぜこぜにしたような曲に聞こえてしまいます。

しかし、他にも素晴らしい演奏をCDで聴けますので、興味のある方はネットで探してみてください。

どんなものでしょうか‥‥!?

Nin~o de Pura Festival de la Guitarra de Cordoba
2015/10/22

Festival de la Guitarra de Cordoba 2009(コルドバ・ギターフェスティバル 2009)におけるNin~o de Pura(ニーニョ・デ・プーラ)の演奏です。

独自の雰囲気のあるtarantaです。
ちょっとわざとらしさもある?し、ちょっとせっかちな弾き方になってしまう時もありますが、時折ハッ!とするフレーズが出てきます。
お兄さんが踊り手で、子供のころからフラメンコに浸った生活をしていたらしいです。

良くも悪くもコルドバの味わいが強いですね。
ちなみに、私はコルドバのフラメンコ、とっても好きです。

いかがでしょうか‥‥1?

Yago Santos Taranta
2015/10/16

Yago Santos(ヤゴ・サントス)によるTarantaタランタ、です。
知る人ぞ知る?ギタリストです。
まだ若くて現在カンテ伴奏を中心に活躍中、との情報をもらっています。

若くても自分の音を持っていますね〜!!
時々“我に返っている瞬間”がありますが、若さのせいと考えましょう。

別の動画で、とても独創的なソレア・ポルブレリアを弾いていて、どちらの動画を先に紹介しようか迷いました。

ちょっと気になるギタリストの一人です。

DIEGO DEL MORAO - Made In Moraito
2015/10/15

DIEGO DEL MORAO(ディエゴ・デル・モラオ)によるブレリアスです。
相変わらず気持ちの良い演奏ですね。
モライートの息子であることはご存知の方も多いと思います。
ヘレス出身ということがギターを聴けばよく分かりますね。

ところでこの動画、指の使い方がとても分かりやすいモノになってます。
ぜひ、じっくりと見て盗んでください。特にラスゲアードの時、昔で言うチョルリターソ以外では指を引っかけていないことに注目!!

しかし、バックのパルマ、煩くなくてリズミカル、良いですね〜!! しかも、尻上がりの2拍子?をメインにしていること、やはり注目してください。

どうでも良いことですが、ギターにパコ・デ・ルシアのサインがありますね〜!!



Volver - Estrella Morente
2015/10/07

Estrella Morente(エストゥレージャ・モレンテ)による“Volver”ボルベール(帰還?)です。
何年か前に同名の映画が日本でも上映されましたね。

フラメンコというわけではありませんが(元歌は南米の歌)、buleriaのリズムに乗った、とても美しい歌だと思います。
しかし、伴奏もさりげなくカッコ良いですね。

唄っているエストゥレージャは、エンリケ・モレンテの娘さんで、どちらかというとスペイン民謡的なスペイン歌曲?が得意のようです。

ちなみに、映像はありません、音源だけです。
しかし、良い歌ですね〜!!

どんなものでしょうか‥‥!?

我が家のアホ猫、です
2015/10/07

癒しになるかどうか‥‥?
我が家のアホ猫、です。撮影したのは2年ほど前、古いファイルを整理していたら出てきたものです。
個人的には同居している猫なので、そこそこの?愛情がありますが、見ず知らずの人が見たら“アホちゃうか〜!!”と思われるかもしれませんね。

どんなものでしょうか‥‥!?

※写真をクリックしても見られません。
 下記からご覧ください。

http://fguitarra.jpn.org/m-2013.wmv

el lebrijano con paco cepero bulerias
2015/10/01

el lebrijano(レブリハーノ)とpaco cepero(パコ・セペーロ)による bulerias(ブレリアス)です。

レブリハーノ、ヒターノのくせに明るい髪の毛をしています‥‥自称金髪のヒターノ‥‥とのことです。

“あるヒターノへの神の言葉”?というタイトルだったか‥‥とても素晴らしい録音があります。確かマノロ・サンルーカルが伴奏していたと記憶していますが‥‥?

彼の伸びやかな中音から高音の感じが、とても好きですね〜。アンダルシアの高い空と爽やかな空気感、そして時折刹那的な感じも‥‥。
以前、パコ・デ・ルシア伴奏のLP(レコード)を発表したのですが、ブレリアとマラゲーニャがとても素敵でした。

また、大昔になりますが、ニーニョ・リカルドとパコ・デ・ルシアのギターをバックに録音しています。
全曲は持っていませんが、3〜4曲分はあります。
折を見てご紹介します。

Voces Sara Baras
2015/09/28

Voces Sara Baras サラ・バラスの言葉?とでも意訳しておきます。
しかし、サラの目指すところは‥高いというか深いようですね。
彼女のオーラは、誰よりも強いようです。
当然ながら、共演する歌い手やギタリストたちも、そのレベルを求められますね。
大変ですが、勉強になることは間違いの無いことでしょう。

どんなものでしょうか‥‥!?

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -