お薦め動画集

・動画情報です
・ぜひ参考にしてください
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
Manuela Carrasco - Solea
2013/05/15

Manuela Carrasco(マヌエラ・カラスコ)によるSolea(ソレア)です。

マヌエラ・カラスコはヒターナ(ジプシー)を代表する女性舞踊家としては不動の人気と実力の持ち主と言って良いでしょう。

この動画は全盛期?のテレビ放送の録画版です。
ちなみに、唄っているボケロン、日本でもお馴染みですね。

Maria Pages - Por Tarantas
2013/05/15

Maria Pages(マリア・パヘス)による Taranto(タラント)です。
動画のタイトルには Tarantas(タランタス)とありますが、完全に間違いですね。

マリア・パヘス、2拍子系の形式では独特のセンスで素晴らしい踊りを見せてくれますね。
大柄な身体を利用したダイナミックな、しかし繊細な動きは日本人には無いものでしょうね。

ぜひご覧ください。

Agustin Carbonell “El Bola”_Galicia
2013/05/15

Agustin Carbonell“El Bola”(アグスティン・カルボネル エル・ボラ)によるGalicia(ガリシア)というタイトルのファルーカです。
1967年マドリードに生まれたEl Bola(エル・ボラ)は、1995年1996年に連続して素晴らしいアルバムを発表して以来、あまり音沙汰が‥‥。

しかし、この動画で演奏されているファルーカは素晴らしいできばえだと思います。
初めてCDで聞いたときには、衝撃を受けました。

どんなものでしょうか‥‥!?

Manolo Sanlucar + Vicente Amigo + Isidro
2013/05/13

いつの動画かは定かではありません。
ビセンテ・アミーゴとマノロ・サンルーカルの弟のイシドロとの3重奏です。

とても若いビセンテが第3ギターを担当しているのが、なんともスゴイですね。

とても貴重な動画ではあります。

理屈抜きにお楽しみください。

Manolo Sanlucar + Vicente Amigo + Isidro
2013/05/13

ビセンテ・アミーゴとマノロ・サンルーカルの弟のイシドロとの3重奏-その2-です。

それぞれのアドリブも、少しですが聞けますよ。

しかし、生が聞きたかった、ですね。

Carlos Montoya_Farruca
2013/04/30

カルロス・モントーヤのファルーカです。
何故か初期画面で日本語が出てきます。
いずれにしても、貴重な動画ですので、ぜひご覧ください。

良くも悪くも、大々的に日本に入ってきたフラメンコギタリストとしては草分け、ですね。
サビーカスが来ていたら、もう少し日本のフラメンコギターも変わっていたのかもしれませんね‥‥???

しかし、普通の調弦よりも半音低くして弦の張りを柔らかくして弾いています。
また、メロディーよりもラスゲアードでのリズムを強調したスタイルは、やはり一般受けするようですね。
今も昔も変わらないようです。

どんなものでしょうか‥‥???

Jose Merce (ホセ・メルセ)y Morao (モラーオ)por bulerias
2013/04/22

Jose Merce(ホセ・メルセ)y Morao(モラーオ)によるbulerías ブレリアスです。

今では巨匠の域に達するのも時間の問題?と言われているホセ・メルセ、そして今は亡きモライート・チーコの競演です。

ちょっとヤラセ臭いですが、やはりフラメンコノ息吹を、それも良い形で示してくれています。

ごくオーソドクスなブレリアスですが、良い意味でのヘレス、を感じさせてくれています。

ご堪能ください。

Ralph Towner & Gary Peacock : Amber Captive
2013/04/15

Ralph Towner & Gary Peacock : Amber Captive
ラルフ・タウナーの第2弾、です。

チラッと聴くと退屈に感じてしまう人も多いかもしれません。
心の扉を開いて聴いてみて下さい。

また、どこと無くビセンテ・アミーゴ的な響きを感じることができるでしょう。
ちなみに、ビセンテが心酔しているリー・リトナー氏は、このラルフからの影響を受けているとか‥‥。

しかし、素晴らしい音の世界です。

Ralph Towner (ラルフ・タウナー)- The Silence of a Candle
2013/04/15

Ralph Towner(ラルフ・タウナー)のThe Silence of a Candle。

ラルフ・タウナー氏は、日本では余程の音楽マニア?でなければ知られていない音楽家です。
詳細は‥‥ネットでご覧ください。

ピアノも弾けるし、ギターも弾ける。
もちろん音楽的な知識・経験、そして何より才能が凄い人です。
個人的にはパコ・デ・ルシアと同じくらい尊敬し、好きな音楽家です。
特に音と音の間、隙間に何か?を感じさせてくれます。

ぜひ鑑賞してみてください。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -