お薦め動画集

・動画情報です
・ぜひ参考にしてください
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
Paco De Lucia Ronden~a 1972
2014/07/10

Paco De Lucia Ronden~a 1972
パコ・デ・ルシアによるロンデーニャです。
タイトルを信じれば、1972年の動画ということになります。
初来日した年ですね、確か‥‥!?

このロンデーニャ、いろいろと見ましたが、この動画は映像も音も安定しているし、両手の使い方がハッキリと見られます。
ぜひ、穴の開くほど?みてください、とても参考になると思います。

しかし、左手の表現、若いくせに?見事ですね。

Camaron de la Isla - Bulerias
2014/07/04

Camaron de la Isla(カマロン・デ・ラ・イスラ)によるBulerias(ブレリアス)です。

昔から聴き慣れている?せいか、とても心地良く心に響いてきます。
伴奏はパコ・デ・ルシアのお兄さんのラモン・デ・アルヘシーラスです。
気持ち良さそうに伴奏していますね。

お楽しみください。

Isabel Guerrero por Petenera
2014/07/03

Isabel Guerrero (イサベル・ゲレーロ)さんによるPetenera (ペテネーラ)、です。

とても内向的?な感性で唄っていますが、これがフラメンコのカンテの基本です。

しかめっ面してがなりたてて“フラメンコしてます”的に歌うカンテは、外国人向けでしょうね。嫌気が差します。

本来は“己の魂にぶつける”ような歌い方がフラメンコなのです。といっても、私たち外国人には理解しづらいところでしょう。観光的なフラメンコしか分からないからです‥‥悲しい現実です。

まだ未熟なところもあるようですが、持って生まれた伸びやかな声質、鍛えられた肺活量(とっても大切なポイントなのです)、そして感性‥‥今後が楽しみな人ですね。

どんなものでしょうか‥‥!?

Isabel Guerrero y Pepe Nun~ez
2014/07/03

再びIsabel Guerrero(イサベル・ゲレーロ)さんです。

理屈抜きに聴いてみてください。
日本では、まず感じられないフラメンコが、ここにあります。

どんなものでしょうか‥‥!?

しかし、ナマで聴いてみたい‥‥

Antonio Sanchez / Buleria / Homenaje a Paco
2014/07/02

Antonio Sanchez(アントニオ・サンチェス)によるBuleria(ブレリアス)です。
パコ・デ・ルシアの追悼コンサートの一部のようですが、残念ながら途中で切れています。

しかし、このアントニオ氏、パコ・デ・ルシアと一緒に弾いていましたね、それ以外ではご存知の方は多くないと思いますが、本場では早くから名前が挙がっていました。

音の出し方、まさにフラメンコですね。
本気と覚悟と決断と‥‥そして魂が感じられます。
力任せの適当な音とはまったく異質の音なのです。
こんな音を出せるギタリストは、本場でも意外と少ないようです。
日本では‥???‥ノー・コメントにしておきましょう。

どんなものでしょうか‥‥!?

FOSFORITO Alegrias de Cadiz
2014/06/21

FOSFORITO(フォスフォリート)による Alegrias de Cadiz(アレグリアス・デ・カディス)です。

フォスフォリートさん、とっても人気があった唄い手です。
カマロンが出現してからは、少しばかり影をひそめてしまった時期もありましたが、健在でしたね。

パージョ(ヒターノに対して普通のスペイン人?)の代表格と言っても良いかもしれません。
個人的には、とても好きなタイプです。
フラメンコというよりも、アンダルシアの風情・味わいが感じられます。

しかし、何気に伴奏している若者、Manuel Silveria(マヌエル・シルベリア)という若者です。

どんなものでしょうか‥‥!?

TOMATITO - Taranta para El Corpus
2014/06/19

TOMATITO(トマティート)によるTaranta(他ランタス、です。

地味?に感じられてしまうかもしれませんが“魂の拡がり”が感じられる、素晴らしい演奏だと思います。
日本では、このような曲、演奏が評価されない傾向があるようですが、ちょっと残念ですね。
結局、わからないんでしょう‥‥残念‥‥。

どんなものでしょうか‥‥!?

Karime Amaya
2014/06/19

Karime Amaya(カリメ・アマヤ)によるアレグリアスの踊りです。
名前が示すように、あのカルメン・アマヤの一族のようです。

しかし、サパテオ(靴の音)とリズムが、とっても気持ち良いですね。
日本人では、まず無理のようです。

しかし、バックのカホンが‥‥トロイですね‥‥!?

いかがでしょうか‥‥!?

Mario Escudero, guitarrista, por Bulerias (1989)
2014/06/19

Mario Escudero(マリオ・エスクデーロ)によるBulerias(ブレリアス)、です。
パコも弾いている“Impetu”の原曲です。

来日した際にも見事な弾きっぷりでした。
思い出してしまいます。

もっと他の演奏動画かあるはずなのですが、なかなか見つけられません。
とっても貴重な動画でしょうね。

じっくりと鑑賞しましょう。

Manolo Sanlucar + Vicente Amigo
2014/06/16

Manolo Sanlucar(マノロ・サンルーカル)と Vicente Amigo(ビセンテ・アミーゴ)そしてマノロの弟さんのイシドロ等によるCaballo Negro(カバジョ・ネグロ)- ルンバ、です。

若々しいビセンテがマノロのバックで弾いているのが珍しいと思います。

理屈抜きにお楽しみください。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -