お薦め動画集

・動画情報です
・ぜひ参考にしてください
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
パコ・デ・ルシアが‥‥死んだ‥‥その2
2014/02/26

スペインのニュース、第2弾です。

Arcangel Guajira Flamenco Flamenco 2009
2014/02/17

Arcangel(アルカンヘル)によるGuajira(グァヒーラ)です。

これはカルロス・サウラ氏製作の映画『Flamenco Flamenco 2009』の中に出てくるものです。

以前の同氏の作品の中にも、素晴らしいグァヒーラがありましたが、このグァヒーラも素晴らしいですね。

冒頭部分でバックの男性舞踊手が、何気に4回転しています。

しかし、ここで踊っている人たちの正確さ、丁寧さ、そして表現力‥‥日本ではお目にかかれないレベルですね。
ギターもグアヒーラの気分を大切にして弾いています。
とても気持ち良いです。

どんなものでしょうか‥‥!?

Rocio Molina baila una can^a flamenca (1996)
2014/02/17

Rocio Molina baila una can^a flamencaロシオ・モリーナによるカーニャ、です。

日本では、なかなかカーニャの踊りを見る機会が少ないようです。
ということで、特別素晴らしいカーニャではありませんが(といっても、この歳でコレくらいできれば凄いです)、ご覧ください。

また、舞踊伴奏を志している方には、とても良い教材?になると思います。
良くも悪くも、基本的なパテーンを含んだ典型的な構成ですから。

しかし、可愛いですね、しかも集中して、一生懸命踊っています。
真剣勝負‥‥素敵です。

どんなものでしょうか‥‥!?

Nino Josele Bulerias
2014/02/16

Nin~o Josele(ニホニョ・ホセーレ)による Bulerias(ブレリアス)です。

日本では、あまり馴染みの少ないギタリストですが、私の好きなギタリストの一人です。

このbuleriasは、あまり派手さが無いのでピンと来ない人も多いかもしれませんね。
しかし、正しくフラメンコです。
彼の唄心?には、私たち外国人では、なかなか表現の面で難しい部分が、たっぷりと込められています。
お酒を飲まなくても酔える!!

でも、終わり方が遊び過ぎ?かもしれませんね。

どんなものでしょうか‥‥!?

Vicente Amigo - Limon de Nata - rumba
2014/01/30

Vicente Amigo(ビセンテ・アミーゴ)によるLimon de Nata(リモン・デ・ナタ)- rumba(ルンバ)です。

ちょっと画像が良くないのですが、ビセンテのカッコ良さは充分に味わえると思います。

しかし、ビセンテについて良く言われる“女性的な甘さ”が感じられますね。
もちろん良い意味での話です。

ところで第2ギターの人、リズムを弾いたり、フルートを吹いたり、パルマを打ったり‥‥こんな人、僕も欲しい!!

理屈抜きに楽しませていただきましょう!!

Diego El Cigala - Aire y soniquete (Bulerias)
2014/01/08

Diego El Cigala(ディエゴ・エル・シガーラ)によるブレリアスです。

最近はフラメンコ以外の、主にラテン音楽を唄うことが多いようですが、これは珍しく?フラメンコを唄っています。
(私が知らないだけかも‥‥?)

ちょっとサラッとし過ぎと感じられる方もいるかと思いますが、私にはむしろ素直な感じで好きです。

しかし、やはりシガーラ、とても素敵ですね。

ちなみに伴奏をしているギタリスト、通の方にはお馴染みのDiego del Morao(ディエゴ・デル・モラーオ)さんです。
相変わらずフラメンコのエスプリ(死語ですね‥‥)がたっぷりで、粋な伴奏をしていますね。

どんなものでしょうか‥‥!?

>

Bulerias de Moraito en El sol, la sal, el son
2014/01/07

Bulerias de Moraito en El sol, la sal, el son

モライート・チーコによるブレリアスです。
特に難しいところは無いのですが、これぞブレリアス、という演奏になっていますね。

しかし、モライートの良いところは、古き良き時代の伝統を守りつつも、時代の息吹を取り入れている、というところではないでしょうか!?

伝統だけでは‥‥つまらないですからね‥‥(異論はあるでしょう!?)
伝統を守る、と言って、ただ古臭いだけのフラメンコが結構ありますから‥‥。

しかし、なんとも楽しそうに弾いている姿は羨ましくも感じます。
また、木ネジのギター、やはり良いですね〜!!
音が明るく響くようです。

どんなものでしょうか‥‥!?

El Camaron de la Isla - La Luz de Aguella Farola (bulerias)
2013/12/30

El Camaron de la Isla(エル・カマロン・デ・ラ・イスラ)による- La Luz de Aquella Farola(ラ・ルス・デ・アケージャ・ファローラ)というタイトルの (bulerias)ブレリアスです。

伴奏はTomatito(トマティート)とRaimundo Amador(ライムンド・アマドール)とのことです。

しかし、カマロンの声と唄い方、いちいち心に沁みこんで来ます。
また、バックのパルマ、唄やギターの邪魔をせずに、とても心地良いリズムを刻んでいますね。
うるさく感じないのは私だけでしょうか‥‥!?

Jose Merce "Aire"
2013/12/30

Jose Merce(ホセ・メルセ)による"Aire"(アイレ)です。
同名のアルバムの中のブレリアスです。
質の良い?ヘレスのフラメンコの空気感が、とても素敵ですね。

“大きな3拍子”のリズムの感じ方の、とても良い見本になると思います。
とかく誤解しやすいブレリアスのリズム、“ブレリアスは12拍目から始まる‥”なんていう馬鹿げた先入観を捨てて、素直にリズムに埋没してください。

ひょっとしたら、本当のブレリアスのコンパスが、突然、頭の中に感じられる‥かもしれません。

しかし、ホセ・メルセ‥‥カッコ良いですね。

Manuel Lombo - Villancico del Gloria - Concierto en la Catedral de Sevilla
2013/12/18

Manuel Lombo(マヌエル・ロンボ)による Villancico del Gloria(ビジャンシーコ・デル・グローリア)です。
Concierto en la Catedral de Sevilla(セビージャ大聖堂でのコンサート)です。

このビジャンシーコ(クリスマスの歌?)は、とても有名で、いろいろな歌い手によって歌われています。

セビージャの大聖堂でのクリスマスコンサートの一部のようです。
とても良い雰囲気ですので、理屈抜きにお楽しみください。

メリークリスマス!!

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -