お薦め動画集

・動画情報です
・ぜひ参考にしてください
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
Villancico Flamenco“Mira Que Bonita”por Camaron de la Isla
2016/12/20

Camaron de la Isla(カマロン・デ・ラ・イスラ)によるVillancico Flamenco(ビジャンシーコ・フラメンコ)“Mira Que Bonita(ミラ・ケ・ボニータ)”です。

これには何の説明も要りませんね。
カマロンを偲びつつ、クリスマスの気分に浸りましょう。
伴奏はパコ・デ・ルシアとラモン・デ・アルヘシーラス、です。
みんな故人になってしまいましたね‥‥(-_-;)

Manuel Montero Buleria "Presencia"
2016/12/13

Manuel Montero(マヌエル・モンテーロ)氏によるBuleria(ブレリアス)です。彼のアルバム『Presencia』に収録されている、らしい‥‥。

ところでマヌエルさんはスペイン人ではありません。
1980年生まれのCosta Rica(コスタ・リカ)の人です。
ま、母国語がスペイン語ということもあり、私たち日本人よりは“有利?”なんですね、羨ましい!!

今年のコルドバのギター・コンクールの最終審査まで進んだそうです。あのセラニートからも称賛されたのこと。
日本人からも、このような“ちゃんとしたコンクール”の最終審査まで残れるギタリストが出て欲しいところです。
無理なのかな‥‥!?

ちなみに、私がスペインに行っていた頃は、コンクール関係には、外国人は参加不可、でした。
出てみたい気もあったし、推薦してくれるギタリストもいたのですが、参加不可では仕方ないですね、時期尚早だったようです、残念!!

今では外国人対象のコンクールがありますね、商売としてやっているそうです。時代、ですね。

どんなものでしょうか‥‥!?

Francisco Prieto "El Currito" en el XXI Concurso Nacional de Arte Flamenco, Cordoba
2016/12/12

el XXI Concurso Nacional de Arte Flamenco, Cordoba(コルドバ XXI回フラメンコ芸術コンクール)における Francisco Prieto "El Currito" (フランシスコ・プリエト“エル・クリート”)氏による演奏です。

エル・クリートさんは1984年コルドバ出身だそうです。地元出身?、ですね。

個人の趣味と意見ですが、ここ10年位前からコルドバのフラメンコに強く惹かれるようになりました。歳のせいなのか‥‥!?
20代はヘレス、30代はセビージャ、40〜50代はマドリー風のフラメンコが好きでしたが、60代近くなってきてからは、とかくコルドバのフラメンコが好きになってしまいました。

どんなものでしょうか‥‥!?

Duquende camaroneando nuevo
2016/12/07

現在、私が最も好きなカンタオールの一人のドゥケンデ、やっぱり好きだ!!

このメンバー、素晴らしいアーティストばかりなので、知っている人も多いのではないかと思います。

ギターはJose Andres Cortez(ホセ・アンドレス・コルテス)、カホンはPiran~a(ピラーニャ)、そしてバイレはFarru(ファルー)、です。
ギターのホセさんはソロでも活躍しています。
以前、このコーナーでもご紹介していますね。

どんなものでしょうか‥‥!?

Jose Carlos Torres - Granaina (Video Flamenco)
2016/12/03

Jose Carlos Torres(ホセ・カルロス・トーレス)氏によるGranaina(グラナイーナ)です。
ホセさんは1970年グラナダ出身だそうです。

さすが地元出身だけあって、とても気持ちの良いグラナイーナスを弾いています。
これといって派手さは無いようですが、こんなグラナイーナ、弾きたいものです。

どんなものでしょうか‥‥!?

DIEGO AMADOR, RAIMUNDO AMADOR y DIEGO AMADOR Jr - Jota
2016/11/25

ご存知アマドール一族の一部?による演奏です。

しかし、ディエゴさん、ピアノは上手いし唄も素晴らしいし、ギターも伴奏程度ならバッチリと弾きます。
スゴイですね〜!!

理屈抜きにお楽しみください。

Jose Tomas Jimenez en el Teatro Gongora
2016/11/24

Jose Tomas Jimenez(ホセ・トーマス・ヒメネス)さんの en el Teatro Gongora(ゴンゴーラ劇場での)演奏です。

ホセさんは1988年にシウダー・レアル県で生まれたそうです。

しかし、多少のクセが弾き方にあるようですが、さすがボルドン・ミネーロ賞を受賞するだけの素晴らしさを持っていますね。

どんなものでしょうか‥‥!?

Bulerias. La Paquera de Jerez. 1990
2016/11/23

Paquera de Jerez(パケーラ・デ・ヘレス)によるBulerias(ブレリアス)です。
これぞヘレスのブレリアス、という感じですね。
カンテのリズムを良〜く聴いて感じ取るようにしてください。
12拍からは始まっていませんね!!

パレーラはへレスで、やはり唄い手だった両親の元に1934年に生まれ、2004年に亡くなりました。
貧しかった子供の頃から唄い手を志し、後に成功を掴んだのですが、成功した後は、生まれ故郷のために仕事をしたり慈善事業のようなことも行い、多くの人に尊敬されています。

昔、カルメン・アマヤもアメリカで成功して以後、故郷に多大な貢献をしたことは有名ですね。

伴奏はParrilla de Jerez(パリージャメデ・ヘレス)さんです。

どんなものでしょうか‥‥!?

Manolo Sanlucar por Garrotin
2016/11/21

Manolo Sanlucar(マノロ・サンルーカル)と実弟のIsidro Mun~oz(イシドロ・ムニョス)による二重奏で Garrotin(ガロティン)です。

以前にもグァヒーラスを掲載しましたね。
兄弟ならではの息の合った気持ちの良い演奏だと思います。

ベトベト・ギトギト?なフラメンコも良いですが、このようなアンダルシアの味わいとフラメンコで言うgracia(グラーシア)に溢れたギターも、素晴らしいと思います。

どんなものでしょうか‥‥!?

CATcerto. ORIGINAL PERFORMANCE. Mindaugas Piecaitis, Nora The Piano Cat
2016/10/24

久々の癒し動画です。
しかし、癒し動画というレベルではないかもしれません。
チラッと見ると、立派にピアノコンチェルトになっているように見えます。
私よりも音楽的かもしれませんね‥‥!?

どんなものでしょうか‥‥!?

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -