お薦め動画集

・動画情報です
・ぜひ参考にしてください
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
Amir John Haddad_Bulerias
2013/05/25

Amir John Haddad(アミール・ジョン) によるBulerias(ブレリアス)です。

彼は、マドリード在住のドイツ人です。
スペイン人以外の外国人で、フラメンコを弾く外国人は、日本人が一番と思っている人が多いと思いますが、意外と日本人は‥それほどでもない‥のです。

私がスペインに行っていたときも、セラニートの一番弟子はイギリス人のイアン・デービスという若者だったし、日本にも来た事のある一流どころのアーティストのグループの第一ギタリストもサムエル・マルティンという、確かオランダ人だったと思います‥‥。

ということで、とにかく聞いてみてください。
かなりの勉強家、ということが演奏に滲み出ています。
ただ、アレンジがいまいち‥‥という気もしなくはありませんが、とても創意工夫がなされていると思います。

Amir-John Haddad, Punta y Tacon (Alegrias)
2013/05/27

Amir-John Haddadによる Punta y Tacoon(プンタ イ タコン_つま先とかかと)というAlegrias_アレグリアスです。
同名のタイトルでサビーカスのファルーカがありますね。
意識して付けたタイトルなんでしょうか‥‥?

いずれにしても、この人の努力とセンスが垣間見られるアレグリアスになっています。

良いですね〜!!

Dave Holland & Pepe Habichuela - Camaron (Taranta)
2013/05/22

Dave Holland(デイヴ・ホランド)とPepe Habichuela(ペペ・アビチュエラ)によるタランタです。
タイトルにあるように天才カンタオールCamaron(カマロン)を讃える、そして捧げる曲でしょう。

デイヴ・ホランドは、世界で5本の指に入るジャズベーシストと言っても良いくらいの人でしょう。
といっても、あまり自己主張するような弾き方は少ないようです。
マイルス・デイビスのグループに加わってから、名前が知られるようになった、とのことです。

ジャズにとどまらず、様々なジャンルとのコラボも多数あります。

しかし、ヒターノ(ジプシー)のギタリストのペペが、ピックアップ付きのギターを使っているとは‥‥驚きです。
この手のギターは、あまり鋭い音が出ないのですが‥‥さすがですね。

また、このようなデュエットが出来るとは、羨ましい限りです。
日本では‥‥絶対に受けないでしょうね。残念!!

Manuela Carrasco - Solea
2013/05/15

Manuela Carrasco(マヌエラ・カラスコ)によるSolea(ソレア)です。

マヌエラ・カラスコはヒターナ(ジプシー)を代表する女性舞踊家としては不動の人気と実力の持ち主と言って良いでしょう。

この動画は全盛期?のテレビ放送の録画版です。
ちなみに、唄っているボケロン、日本でもお馴染みですね。

Maria Pages - Por Tarantas
2013/05/15

Maria Pages(マリア・パヘス)による Taranto(タラント)です。
動画のタイトルには Tarantas(タランタス)とありますが、完全に間違いですね。

マリア・パヘス、2拍子系の形式では独特のセンスで素晴らしい踊りを見せてくれますね。
大柄な身体を利用したダイナミックな、しかし繊細な動きは日本人には無いものでしょうね。

ぜひご覧ください。

Agustin Carbonell “El Bola”_Galicia
2013/05/15

Agustin Carbonell“El Bola”(アグスティン・カルボネル エル・ボラ)によるGalicia(ガリシア)というタイトルのファルーカです。
1967年マドリードに生まれたEl Bola(エル・ボラ)は、1995年1996年に連続して素晴らしいアルバムを発表して以来、あまり音沙汰が‥‥。

しかし、この動画で演奏されているファルーカは素晴らしいできばえだと思います。
初めてCDで聞いたときには、衝撃を受けました。

どんなものでしょうか‥‥!?

Manolo Sanlucar + Vicente Amigo + Isidro
2013/05/13

いつの動画かは定かではありません。
ビセンテ・アミーゴとマノロ・サンルーカルの弟のイシドロとの3重奏です。

とても若いビセンテが第3ギターを担当しているのが、なんともスゴイですね。

とても貴重な動画ではあります。

理屈抜きにお楽しみください。

Manolo Sanlucar + Vicente Amigo + Isidro
2013/05/13

ビセンテ・アミーゴとマノロ・サンルーカルの弟のイシドロとの3重奏-その2-です。

それぞれのアドリブも、少しですが聞けますよ。

しかし、生が聞きたかった、ですね。

Carlos Montoya_Farruca
2013/04/30

カルロス・モントーヤのファルーカです。
何故か初期画面で日本語が出てきます。
いずれにしても、貴重な動画ですので、ぜひご覧ください。

良くも悪くも、大々的に日本に入ってきたフラメンコギタリストとしては草分け、ですね。
サビーカスが来ていたら、もう少し日本のフラメンコギターも変わっていたのかもしれませんね‥‥???

しかし、普通の調弦よりも半音低くして弦の張りを柔らかくして弾いています。
また、メロディーよりもラスゲアードでのリズムを強調したスタイルは、やはり一般受けするようですね。
今も昔も変わらないようです。

どんなものでしょうか‥‥???

Jose Merce (ホセ・メルセ)y Morao (モラーオ)por bulerias
2013/04/22

Jose Merce(ホセ・メルセ)y Morao(モラーオ)によるbulerías ブレリアスです。

今では巨匠の域に達するのも時間の問題?と言われているホセ・メルセ、そして今は亡きモライート・チーコの競演です。

ちょっとヤラセ臭いですが、やはりフラメンコノ息吹を、それも良い形で示してくれています。

ごくオーソドクスなブレリアスですが、良い意味でのヘレス、を感じさせてくれています。

ご堪能ください。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -