お薦め動画集

・動画情報です
・ぜひ参考にしてください
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
Vicente Amigo, Roma
2013/09/13

Vicente Amigo(ビセンテ・アミーゴ)による Roma(ローマ)のライブ映像です。

しかし、誰がどのように撮影したのでしょう‥‥???
分かる人には、とても貴重な映像ですね。

というのも、“ギターは左手で弾くもの”という金言?を目の当たりにしてくれています。

椅子の座り方、左手・腕・手首と指先との関連、それらの左手指先までの力の伝わり方がバレバレです。

部分的な映像なのが残念ですが‥‥全曲欲しいところですね。

今までの想像と、ほとんど合っていたのが嬉しい限りです。
ただ、完全にモノにできていないのが‥‥残念です。
気が付くのが遅かったんですね‥‥。
凡人の悲しさです。

Lucero Tena - Seguiriya
2013/07/22

Lucero Tena(ルセーロ・テーナ) による、カスタネット付きのSeguiriya(シギリージャ)です。

ルセーロさんは踊りとしても人気がありましたが、何よりカスタネットの素晴らしさですごい人気でしたね。
たしか、日本にも一度来られたことがありました。

ちなみに、バックで地味に弾いているのはセラニート氏です。
一緒にレコードも出されていましたね。

これがカスタネットだ!!、というところをご鑑賞ください。

癒しの動画
2013/07/15

個人的な趣味でゴメンナサイ<m(__)m>。
癒しの動画です。

理屈抜きに‥‥笑ってください。

Pansequito, HAY QUE TRANSMITIR
2013/07/15

Pansequito(パンセキート)による‥‥いろいろ、です。

日本では、あまりなじみの無い唄い手ですが、私の好きなアーティストの一人です。

いかにも‥‥というような感じが無く、ストレートに心に入ってくると思います。
いわゆるフラメンコ、というよりもアンダルシアのすべてが込められている感じが、とても好きです。

同じような芸風?を持っている人に、レブリハーノやホセ・メルセがいますね。

ぜひ、じっくりと耳を傾けてみてください。

ちなみに、ギターはモライートです。

CAMARON, NIN^O JERO Y VICENTE AMIGO BULERIA
2013/06/29

CAMARON(カマロン),NIN^O JERO(ニーニョ・ヘロ)とVICENTE AMIGO(ビセンテ・アミーゴ)による BULERIA です。

私たち外国人にとっては、珍しく感じる顔合わせですね。
カマロン、やはり素晴らしいですね。

ところで画面左で弾いている人がニーニョ・ヘロ、今は老人?ですが、ヘレスでは超有名なギタリストです。
いつも冗談を言っている、楽しい人です。
しかし、彼のギターからは“これぞフラメンコ、これがヘレスだ!!”という主張が響いてきます。
機会がありましたら、ぜひ聞いてみてください。

このカマロンのブレリアス、その後ドゥケンデが引き継いでいるようにも聞こえますね。

Nino Miguel - Vals Flamenco y Bulerias.
2013/06/20

Nino Miguel(ニーニョ・ミゲル)によるVals Flamenco y Bulerias(ワルツ・フラメンコとブレリアス)です。

何分田舎住まいなので情報が届くのが遅いのですが‥‥。

エルニーニョミゲルとして知られるミゲル・ベガ・デ・ラ・クルスが、肺炎のため61歳で死去しました‥‥とのことです。
彼はトマティートの叔父さんでもあるのですが、たて続けにレコードを2枚出してからは、あまり目立った活動が聞こえていなかったのです‥‥ま、単に私が知らなかっただけかも‥‥。

いずれにしても、良い意味でのヒターノ臭さとモデルノを兼ね備えた音楽性、センスは、とても好きでした。
私自身、とても影響を受けましたね‥‥。

特に、この動画にある“ワルツ・フラメンコ”は大好きで、実は私のオリジナルの“羊飼いの詩”は、この曲からイメージを頂いて出来た曲なんです。

しかし、61歳というのは、ちょっと早いですね‥‥。

心の底から合掌、そして感謝!!

Chato de la Isla con Pepe Habichuela - Malaguena de EL Mellizo
2013/06/12

Chato de la Isla(チャト・デ・ラ・イスラ)とPepe Habichuela(ペペ・アビチゥエラ)によるMalaguen~a de EL Mellizo(エル・メジーソのマラゲーニャ)です。

このチャトさん、ご覧の通り鼻ペチャですね。
芸名のチャトとは鼻ペチャを意味するスペイン語です。
日本ではありえない芸名ですね。

しかし、その唄はマニア好みなのです。
といっても、独特のメリハリの付け方には好みが分かれるかもしれませんね。
ちなみに、私は嫌いではありません。

昔、某フェスティバルで生の歌を聴く機会がありましたが、素晴らしいファンダンゴ、そして珍しいサンブラを聞かせてくれました。

伴奏のペペ・アビチュエラ氏については‥‥何にもいうことありませんね。
素晴らしいです。

お楽しみください。

Caracoles - Ballet Nacional de Espana -
2013/06/11

Ballet Nacional de Espa&#241;a(バレェ・ナショナル・デ・エスパーニャ)によるCaracoles(カラコーレス)です。

ごく普通の群舞によるカラコーレスです。
ただ、バックの歌い手たちの中にファン・カンテーロがいるのが嬉しいですね。昔、一緒に遊んだ仲間のひとりです。大先輩ですが‥‥。

しかし、冒頭に何故か日本語が出ている‥‥??

伴奏を練習している方には、とても参考になると思います。

PACO DE LUCIA - SOLO,DUO.TRIO
2013/06/08

久しぶりのパコ、です。
偶然見つけたのですが、upされた日時が最近のせいか、あまり見られていないようです。

セクステットの動画は相当数ありますが、この3人のものは珍しいのではないでしょうか!?

このメンバーで来日しましたね、懐かしいです。
理屈抜きにパコの素晴らしさを堪能してください。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -