お薦め動画集

・動画情報です
・ぜひ参考にしてください
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
ANTONIO "EL PIPA"アントニオ・エル・ピパのソレアレス
2013/03/14

ANTONIO "EL PIPA"アントニオ・エル・ピパのソレアレス、です。
ヘレスの伊達男?と呼ぶ人が居るくらい、フラメンコの粋、男の色気?を、これほど感じさせる舞踊家も少ないですね。
日本でもお馴染みですね。

理屈抜きに堪能させてくれます。
オーソドクスなソレアレスです。

antonio "El Pipa" アントニオ・エル・ピパのブレリアス
2013/03/14

antonio "El Pipa" アントニオ・エル・ピパのブレリアス、です。

タイトルはブレリアスとなっていますが、バックのカンテを聴くと、いろいろな形式のカンテが、しかしブレリアスのコンパスで唄われています。

リズムが理解できれば、ブレリアスが理解できると思います。チャレンジしてみてください。

しかし、カッコ良いですね〜!!

PACO PENA "Cantes por Bulerias"
2013/02/27

PACO PEN~A(パコ・ペーニャ)の "Cantes por Bulerias"(ブレリアスによるカンテ)です。
タイトルのカンテとはスペイン民謡、古謡という意味合いですね。
確か炭焼きの唄?だったと思いますが‥‥間違っていたらゴメンナサイ。

やはりパコ・デ・ルシアが昔、二重奏で弾いていたように記憶しています。

パコ・ペーニャ氏、クラシックやラテン音楽にも精通している知的なフラメンコギタリスト、だと思います。
特別に超絶技巧は使いませんが、伝統を上手くアレンジしている人ですね。
特に私たち外国人にとっては、とても良いお手本としてフラメンコを伝えてくれるギタリストだと思います。

あのセラニートとは幼馴染?という話も聞いたことがあります。

ANTONIO MOLINA Y NIN~O RICARDO
2013/02/26

ニーニョ・リカルドとアントニオ・モリーナという顔合わせによるブレリアスとマラゲーニャです。

これも映画の1シーンらしいですね。
フラメンコの古典?も良いですね。

Nin~o Ricardo with Manolo Caracol_Granainas
2013/02/26

ニーニョ・リカルド伴奏のマノロ・カラコールのグラナディーナスです。

これもどうやら映画の中の1シーンらしいのですが、カンテとギターの両巨匠が一緒の動画は、とても貴重なものです。

La Guitarra Flamenca de Victor Monge Serranito
2013/02/26

セラニートのタランタ、ソレア、重奏でラ・タララ、サパテアードなどが見られます。
年代は不明ですが、テレビ収録されていて、セラニートが好調な時期の動画のようです。

Jose Merce y Enrique Melchor por tientos
2013/02/25

Jose Merce(ホセ・メルセ)y Enrique Melchor(エンリケ・メルチョール)によるティエントスです。
第2ギターがJose Eredia ホセ・エレディア、やはり名門のエレディア家の出身です。

しかし‥今は、もう聴けなくなってしまったエンリケのギター‥‥寂しさが込み上げてきます。

ホセ・メルセ、がんばって唄っていますね。

Paco Cepero パコ・セペーロのブレリアス
2013/02/25

良い意味で“いかにも、フラメンコ”という感じのする素晴らしいギタリスト、パコ・セペーロのブレリアスです。
彼はギタリストとしてだけでなく、カマロン他素晴らしいアーティストを世に出したプロデューサーとしても有能な人でした。

いつも楽しげに弾く姿が良いですね。

Jose Merce(ホセ・メルセ)のファンダンゴ
2013/02/25

Jose Merce(ホセ・メルセ)のファンダンゴです。
伴奏はDiego del Morao(ディエゴ・デル・モラーオ)です。

今のスペインで人気抜群な歌い手の一人です。
(もう一人はDuquende ドゥケンデ)でしょう。
おっと、ミゲル・ポベダもいますね‥‥。

しかし、そろそろ巨匠の雰囲気も出てきているようですね。
素晴らしいカンテを聴かせてくれています。

CHOCOLATE-JUAN HABICHUELAによるファンダンゴス
2013/02/25

CHOCOLATE(チョコラーテ)とJUAN HABICHUELA(ファン・アビチュエラ)によるファンダンゴです。

ちなみに芸名のCHOCOLATEはチョコレートのこと、HABICHUELAはインゲン豆のことです。
フラメンコアーティストの芸名には、自分の出身地、あだ名、そして好きなもの・嫌いなものなどを付ける人が多いようです。面白いですね。

しかし、チョコラーテのカンテ、嫌味の無い真摯な歌い方には感動します。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -