お薦め動画集

・動画情報です
・ぜひ参考にしてください
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
MEETING OF THE SPIRIT -1
2013/06/08

John McLaughlin(ジョン・マクラフリン),Larry Coryell(ラリー・コリエル),Paco De Lucia(パコ・デ・ルシア)によるMeeting Of The Spirits -その1、です。

世界的に衝撃を与えた“スーパー・ギター・トリオ”の中の1曲ですね。
この曲を聴いたときに、全身にアドレナリンが回った感じを受けてしまいました。
ただの速弾きではないんですね、と言っても“ゲテモノ”と評価をする音楽評論家も少なくなかったようです。
結局は好みと言うことになってしまうんでしょうね。

しかし、私は‥大好き‥です。
どんなものでしょう!?

しかし、冒頭部分がチョコッとキレているのが残念ですね。
ただ、以前にビデオ・CDでも発売されていますので、持っている方も多いかも‥‥。

MEETING OF THE SPIRIT -2
2013/06/08

John McLaughlin(ジョン・マクラフリン),Larry Coryell(ラリー・コリエル),Paco De Lucia(パコ・デ・ルシア)によるMeeting Of The Spirits -その2、です。

Meeting Of The Spirits - 3
2013/06/08

John McLaughlin(ジョン・マクラフリン),Larry Coryell(ラリー・コリエル),Paco De Lucia(パコ・デ・ルシア)によるMeeting Of The Spirits -その3、です。

Juana Amaya - Por Solea
2013/06/02

Juana Amaya(ファナ・アマヤ)によるSolea(ソレア)の踊りです。
彼女は何度か日本に来てパワフルな踊りを披露していますね。
生の彼女は、とっても可愛いんですよ!!。

ヒターナ(ジプシー女性)の踊り手の中では、飛びぬけて人気がありました。
日本の舞踊家志願者?の多くが、彼女に師事していたようです。

お楽しみください。

Maria Pages - Por Solea
2013/06/02

Maria Pages(マリア・パヘス)によるSolea(ソレア)の踊りです。
彼女の得意なソレアではないようですが?、しっかりと踊っています。
構成も、ごくオーソドクスなもので、舞踊伴奏のお手本にも良いと思います。

ちなみに、バックで唄っているカンタオールたち、何度も来日していますね。

お楽しみください。

Juan Villar y Paco Cepero por bulerias
2013/06/02

Juan Villar(ホァン・ビジャール)とPaco Cepero(パコ・セペーロ)によるブレリアスです。

両者共に来日経験があり、フラメンコファンの間ではお馴染みなアーティストです。

しかし、久しぶりに聞いてみると、ホァン・ビジャールの唄い方はレブリハーノやホセ・メルセに通じるところがありますね。
僕の好み、なのであります。

ちなみに、いわゆる踊り唄ではありませんが(踊ろうと思えば踊れるか?)、こんなカンテが日本でも聞かれるようになると楽しいのですが‥‥。

Amir John Haddad_Bulerias
2013/05/25

Amir John Haddad(アミール・ジョン) によるBulerias(ブレリアス)です。

彼は、マドリード在住のドイツ人です。
スペイン人以外の外国人で、フラメンコを弾く外国人は、日本人が一番と思っている人が多いと思いますが、意外と日本人は‥それほどでもない‥のです。

私がスペインに行っていたときも、セラニートの一番弟子はイギリス人のイアン・デービスという若者だったし、日本にも来た事のある一流どころのアーティストのグループの第一ギタリストもサムエル・マルティンという、確かオランダ人だったと思います‥‥。

ということで、とにかく聞いてみてください。
かなりの勉強家、ということが演奏に滲み出ています。
ただ、アレンジがいまいち‥‥という気もしなくはありませんが、とても創意工夫がなされていると思います。

Amir-John Haddad, Punta y Tacon (Alegrias)
2013/05/27

Amir-John Haddadによる Punta y Tacoon(プンタ イ タコン_つま先とかかと)というAlegrias_アレグリアスです。
同名のタイトルでサビーカスのファルーカがありますね。
意識して付けたタイトルなんでしょうか‥‥?

いずれにしても、この人の努力とセンスが垣間見られるアレグリアスになっています。

良いですね〜!!

Dave Holland & Pepe Habichuela - Camaron (Taranta)
2013/05/22

Dave Holland(デイヴ・ホランド)とPepe Habichuela(ペペ・アビチュエラ)によるタランタです。
タイトルにあるように天才カンタオールCamaron(カマロン)を讃える、そして捧げる曲でしょう。

デイヴ・ホランドは、世界で5本の指に入るジャズベーシストと言っても良いくらいの人でしょう。
といっても、あまり自己主張するような弾き方は少ないようです。
マイルス・デイビスのグループに加わってから、名前が知られるようになった、とのことです。

ジャズにとどまらず、様々なジャンルとのコラボも多数あります。

しかし、ヒターノ(ジプシー)のギタリストのペペが、ピックアップ付きのギターを使っているとは‥‥驚きです。
この手のギターは、あまり鋭い音が出ないのですが‥‥さすがですね。

また、このようなデュエットが出来るとは、羨ましい限りです。
日本では‥‥絶対に受けないでしょうね。残念!!

Manuela Carrasco - Solea
2013/05/15

Manuela Carrasco(マヌエラ・カラスコ)によるSolea(ソレア)です。

マヌエラ・カラスコはヒターナ(ジプシー)を代表する女性舞踊家としては不動の人気と実力の持ち主と言って良いでしょう。

この動画は全盛期?のテレビ放送の録画版です。
ちなみに、唄っているボケロン、日本でもお馴染みですね。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -