お薦め動画集

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
Angeles Toledano Fandango
2018/07/26

Angeles Toledano(アンヘレス・トレダンド)さんによる Fandango(ファンダンゴ)です。

アンヘレスさんは本名をMaria de los Angeles Martinez Toledan(マリア・デ・ロス・アンヘレス・マルティネス・トレダンド)と言い、1995年ハエン郊外のVillanueva de la Reina(ビジャヌエバ・デ・ラ・レイナ)で生まれたそうです。

祖父から唄の手ほどきを受け、7〜8歳の頃には人前で唄うほどになり、15〜16歳の頃には数々のコンクールで優勝するようになりました。凄いですね〜!!
ちなみに、昨年の2017年には、あのパコ・ペーニャ氏のツアーに参加していたそうです。
聴きたかったですね!?

生活に密着したフラメンコとしてのカンテでは、日常的に唄われるファンダンゴ、日本での踊りが付くファンダンゴとは異なります。念のため‥‥。
フラメンコ・マニアを自認する人には、ファンダンゴを鼻歌として唄って欲しいところです。

どんなものでしょうか‥‥!?

Milagros Mengibar (baile); El Zorongo (Federico Garcia Lorca)
2018/07/21

Milagros Mengibar(ミラグロス・メンヒバル)さんによる El Zorongo(エル・ソロンゴ)です。
タイトルのソロンゴはソロンゴ・ヒターノとも言われますね。 スペインが生んだ偉大な詩人のFederico Garcia Lorca(フェデリーコ・ガルシア・ロルカ)氏の作品です。

踊っているメンヒバルさん、1952年セビリア生まれ、だそうです。
フラメンコとスペイン舞踊の両方の知識と経験が豊富で、優雅な踊りには多くのファンが居るようです。
日本人の生徒さんも多く、とても馴染みのある踊り手さんですね。

どフラメンコも良いですが、こんなスペイン舞踊も素敵ですね。
どんなものでしょうか‥‥!?

DOLORES VARGAS "LA TERREMOTO" y MELCHOR DE MARCHENA
2018/07/07

DOLORES VARGAS“LA TERREMOTO”(ドローレス・バルガス・ラ・テレモト)さんとMELCHOR DE MARCHENA(メルチョール・デ・マルチェーナ)氏によるシギリージャス、です。
"VERANEO EN ESPANA" -スペインの夏-(1956)という映画の1シーン、とのことです。

踊っているドローレスさん、私の記憶では、確か唄い手さんだったと思うのですが‥‥踊っています。
しかし、メルチョール氏のギター、昔からカッコ良いですね〜!!

どんなものでしょうか‥‥!?

El Camaron de la Isla - La Saeta
2018/07/03

El Camaron de la Isla(エル・カマロン・デ・ラ・イスラ)氏による La Saeta (ラ・サエタ)です。

カマロン‥‥1992年7月2日に、惜しくも亡くなってしまいました。享年42歳の若さです‥‥。

カマロンのカンテは、どれもが素晴らしいのですが、個人的には2014/03/29にアップした“Camaron por Siguiriya”というタイトルのカマロンは、とても痺れます。
ぜひ、ご覧になってください。

カマロンのような唄い手さんは、まだ、いないようです。

ESTRENO FLAMENCO: De Sanlucar al Tesorillo, David Carmona
2018/06/08

David Carmona(ダビ・カルモナ)さんによる伴奏動画、です。

しかし、イケメンのダビさん、1985年グラナダ生まれで、6歳の頃からフラメンコギターを弾き始め、13歳の時には巨匠マノロ・サンルーカル氏から後継者として名指しされたほどの人なんです。

こんな“三位一体”のフラメンコなら、お金を払っても出かけるのですが‥‥(^^ゞ
ただただ煩いだけのフラメンコは、タダでも観たくありません‥‥なんて書いてしまうと、ヤバイかな‥‥(^^♪

どんなものでしょうか‥‥!?

観たい人は下記のアドレスをクリックしてください。

http://fguitarra.jpn.org/David%20Carmona%20con%20baile%20y%20cante.mp4

Juan Carlos Romero “El Tiempo”- Carlos Saura Flamenco(2010)
2018/06/03

Juan Carlos Romero(ファン・カルロス・ロメーロ)氏による“El Tiempo(エル・ティエンポ)”という曲にJavier Latorre(ハビエル・ラトーレ)氏の振り付けた群舞の動画です。
これは2010年に公開された、カルロス・サウラ監督のフラメンコ映画?『フラメンコ・フラメンコ』の中に収録されているものです。

ファン・カルロス・ロメーロ氏は1964年ウエルバに生まれ、あのエル・ニーニョ・ミゲルのお父上のミゲル・エル・トマテ・デ・アルメリアに師事したそうです、と以前にも紹介しましたね。

カルロス・サウラ監督といえば、『フラメンコ』(1996)そして『フラメンコ・フラメンコ』(2010)。
これらの前にも『血の婚礼(1981)』『カルメン(1983)』『恋は魔術師(1986)』というフラメンコ三部作?で有名ですね。

しかし、こんな群舞も、良いですね〜!!
どんなものでしょうか‥‥!?

FIESTA GITANA EN MORON DE LA FRONTERA
2018/05/29

フラメンコの本場というか聖地?の一つと言われているMORON DE LA FRONTERA(モロン・デ・ラ・フロンテーラ)でのFiesta(フィエスタ)のひとコマ、です。約26分もある‥‥。

この手の動画は“ヤラセ”の香りもするのだが、それでも純粋なフラメンコの味わいが感じられるものもある。これもその一つと言って良いと思う。
錚々たるメンバーが連なっているのだが、いちいち挙げることは止めておく。疲れるし‥‥(^^;)

しかし、ブレリアスの基本の感じ方を、この動画から学ぶことができると思う。
ぜひ、じっくりと鑑賞して、フラメンコを、ブレリアスの基本を改めて感じて欲しいところだ。

どんなものでしょうか‥‥!?

Jose Luis Rodriguez ALEGRIA Jardin de la sal
2018/05/26

Jose Luis Rodriguez(ホセ・ルイス・ロドリゲス)氏による “Jardin de la sal”というアレグリアス、です。
以前にグラナディーナスの動画をリンクしていますが、ロドリゲスさんは“Jose Luis de la Paz(ホセ・ルイス・デ・ラ・パス)”という別名?も使うことがあるようです。

1967年生まれのロドリゲスさんは、9歳からギターを始め、あの、エル・ニーニョミゲル氏と一緒に活動していた、とのことです。
更に、巨匠マリオ・エスクデーロ氏に認められたということを聞いています。凄いですね〜!!
1995年には、スペインの最高ギタリスト20人の一人として、フェリックス・グランデの「Agenda Flamenca」に出演されたそうです。

どんなものでしょうか‥‥!?


Sabicas Zapateado en Re
2018/05/22

Sabicas(サビーカス)氏による Zapateado en Re(レのサパテアード)、です。

とても有名な曲ですね。私も時々、弾いています。
ちょっとクラッシックの香りがプンプンですが、練習曲としても素晴らしいようです。

サビーカス氏、巨匠と言うよりもフラメンコの王様、と言われていますね。
1912年にパンプローナで生まれ、1990年にニューヨークで没。
幼少時から天才児と言われ、10歳の時にマドリードで演奏会デビューしたというから、凄過ぎますね。

どんなものでしょうか‥‥!?

Yago Santos por Solea por Bulerias
2018/05/17

Yago Santos(ヤゴ・サントス)さんによる Solea por Bulerias(ソレア・ポル・ブレリアス)です。

以前にタランタスの演奏動画をリンクしましたが、このソレア・ポル・ブレリアス、独特な感じが良いですね〜!!
こんな曲作りも素敵だと思います。

どんなものでしょうか‥‥!?

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -