お薦め動画集

・動画情報です
・ぜひ参考にしてください
Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
Bulerias de Moraito en El sol, la sal, el son
2014/01/07

Bulerias de Moraito en El sol, la sal, el son

モライート・チーコによるブレリアスです。
特に難しいところは無いのですが、これぞブレリアス、という演奏になっていますね。

しかし、モライートの良いところは、古き良き時代の伝統を守りつつも、時代の息吹を取り入れている、というところではないでしょうか!?

伝統だけでは‥‥つまらないですからね‥‥(異論はあるでしょう!?)
伝統を守る、と言って、ただ古臭いだけのフラメンコが結構ありますから‥‥。

しかし、なんとも楽しそうに弾いている姿は羨ましくも感じます。
また、木ネジのギター、やはり良いですね〜!!
音が明るく響くようです。

どんなものでしょうか‥‥!?

El Camaron de la Isla - La Luz de Aguella Farola (bulerias)
2013/12/30

El Camaron de la Isla(エル・カマロン・デ・ラ・イスラ)による- La Luz de Aquella Farola(ラ・ルス・デ・アケージャ・ファローラ)というタイトルの (bulerias)ブレリアスです。

伴奏はTomatito(トマティート)とRaimundo Amador(ライムンド・アマドール)とのことです。

しかし、カマロンの声と唄い方、いちいち心に沁みこんで来ます。
また、バックのパルマ、唄やギターの邪魔をせずに、とても心地良いリズムを刻んでいますね。
うるさく感じないのは私だけでしょうか‥‥!?

Jose Merce "Aire"
2013/12/30

Jose Merce(ホセ・メルセ)による"Aire"(アイレ)です。
同名のアルバムの中のブレリアスです。
質の良い?ヘレスのフラメンコの空気感が、とても素敵ですね。

“大きな3拍子”のリズムの感じ方の、とても良い見本になると思います。
とかく誤解しやすいブレリアスのリズム、“ブレリアスは12拍目から始まる‥”なんていう馬鹿げた先入観を捨てて、素直にリズムに埋没してください。

ひょっとしたら、本当のブレリアスのコンパスが、突然、頭の中に感じられる‥かもしれません。

しかし、ホセ・メルセ‥‥カッコ良いですね。

Manuel Lombo - Villancico del Gloria - Concierto en la Catedral de Sevilla
2013/12/18

Manuel Lombo(マヌエル・ロンボ)による Villancico del Gloria(ビジャンシーコ・デル・グローリア)です。
Concierto en la Catedral de Sevilla(セビージャ大聖堂でのコンサート)です。

このビジャンシーコ(クリスマスの歌?)は、とても有名で、いろいろな歌い手によって歌われています。

セビージャの大聖堂でのクリスマスコンサートの一部のようです。
とても良い雰囲気ですので、理屈抜きにお楽しみください。

メリークリスマス!!

Pepe de Lucia,Vicente Amigo,Moraito Chico y Potito "Bulerias"
2013/12/13

Pepe de Lucia(ペペ・デ・ルシア)Vicente Amigo(ビセンテ・アミーゴ)Moraito Chico(モライート・チコ)y Potito(ポティート)らによる "Bulerias"(ブレリアス)です。

珍しい顔合わせですね〜。
ちょっと画像と音が良くありませんが、とても楽しめると思います。

しかし、ポティートは何処にいるのかな!?と思ったら、
どうやらカホンを叩いているのが彼です。
彼の唄も聴きたかったですね。

どんなものでしょう‥‥!?

VICENTE AMIGO ROMA
2013/12/11

VICENTE AMIGOビセンテ・アミーゴによる“ROMA”です。

ひょっとして自宅なのでしょうか‥‥!?

いずれにしても、これほど近く彼の演奏を見られるとは‥‥。
ギターを弾いている人は、右手・腕の使い方と指との関連性、特に力の伝わり具合に注視してください。
とても重要なヒントがバレバレで見られます。

私は‥‥見切ることができました、万歳!!

しかし‥‥弾いているギターが白だったり黒だったり、していますね。
ま、どうでもいいことですが‥‥

Pilar Bogado / Toma ese pun^al dorao / Arte Andaluz
2013/12/11

Pilar Bogado(ピラール・ボガード)によるArte Andaluz(アンダルシアのアルテ)です。

ピラール・ボガード、とても子供とは思えないですね〜。
その筋では?有名な女の子です。

素直な感性を持っていて、わざとらしい表現はしていません。
というか、習ったとおり、とも言えますが‥‥。

しかし、冒頭のファンダンゴ、とてもアンダルシアの空気感を伴っていて、正直、好きです!!。

後半のアレグリアスでは大御所との競演になっています。
通なら誰だか分かりますよね!?

“どら焼き ちょうだい” - 癒し動画
2013/12/07

mokosan0311さんの所から拝借しました。

個人的な趣味でゴメンナサイ<(_ _)>。
とにかく日本犬が大好きなもので‥‥。

今は亡きカルメンを思い出してしまいます。
彼女が存命の時の私と彼女の日常そのままなもので、
思わず思い出してしまいました。

日本犬が好きな方には、癒しになるのでは‥‥!?

La Nin^a de la Puebla - Los Campanilleros
2013/12/06

La Nin^a de la Puebla(ラ・ニーニャ・デ・ラ・プェブラ)による Campanilleros(カンパニジェロス)です。

クリスマスの時に、昔は良く唄われたのですが、今はどうなんでしょうね‥‥。

ところで唄っているラ・ニーニャ・デ・ラ・プェブラさん、昔、偶然手に入れたドーナツ盤のレコードで初めて聴いてファンになってしまいました。

どんなものでしょうか‥‥!?

Camaron y Ramon de Algeciras "Bulerias"
2013/12/06

Camaron(カマロン)y Ramon de Algeciras(ラモン・デ・アルヘシーラス)による"Bulerias"ブレリアス、です。

パコ・デ・ルシアのお兄さん、ラモンの伴奏によるカマロン、珍しいのでご紹介します。

しかし、カマロンの声、歌詞の一行が終わる時他の余韻、やはり素晴らしいですね。
思わず“オレ〜”と掛けたくなってしまいます。

ラモンさん、私たちには、いつもパコの伴奏としてのイメージが強いのですが、何度かカンテの伴奏を拝見する機会がありましたが、とても素晴らしいフラメンコを感じされてくれていました。

ここではパコのファルセータを無理して?弾いていますが、他の伴奏では、やはり先生だったニーニョ・リカルド氏の影響の濃い伴奏をしていましたね。
その方がラモンさんには合っていたように感じます。

どんなものでしょうか‥‥!?

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -