お薦め動画集

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |
CHIQUETETE - TE QUIERO NIN~A(癒しカンテ?)
2017/10/17

CHIQUETETE(チキテーテ)さんによる“TE QUIERO NIN~A” です。
伴奏はお馴染みのパコ・セペーロ氏、です。

この唄は、いわゆるフラメンコではないのですが、あのカマロン氏も唄っていて、とても私の好みに合った歌なのでご紹介します。

ちなみに、チキテーテさん、本名はAntonio Jose Cortes Pantoja“アントニオ・ホセ・コルテス・パントーハ”という長〜い名前です。そして芸名がチキテーテというわけです。
知る人ぞ知る唄い手さんです。
1948年アルヘシーラス出身‥パコ・デ・ルシアと同郷ですね‥ということです。

どんなものでしょうか‥‥!?

Antonio Mun~oz Fernandez. Calblanque
2017/10/13

Antonio Mun~oz Fernandez(アントニオ・ムニョス・フェルナンデス)氏による“Calblanque(カルブランケ)”というブレリアス、です。
この曲は氏のアルバム『Azafran』-アサフラン、に収録されている曲です。

アントニオ氏は1975年ムルシアに生まれ、とのこと。
なお、氏の母親はEncarnacion Fernandez(エンカルナシオン・フェルナンデス)という、知る人ぞ知るフラメンコの唄い手さんです。凄いですね〜!!

1989年、ということは13歳の時にボルドン・ミネロ賞を受賞し、一躍天才少年出現、と話題になったそうです。

どんなものでしょうか‥‥!?

AMOS LORA -CASA PATAS, FLAMENCO EN VIVO 197
2017/10/10

CASA PATAS(カサ・パタス)に於けるAMOS LORA(アモス・ローラ)氏のライブの一部、です。
曲目はパコ・デ・ルシアの“Zyryab”-シルヤブ、です。

もっと早くこのコーナーで紹介したかったアモス・ローラさんですが、あまりにも天才過ぎているので躊躇っていました。
1999年9月21日生まれのアモスさん、18歳になったばかりですね。
彼は子供の頃からDiego del Morao、Manuel Parrilla、Paquete、David Cerreduela、Carlos de Jacoba、Tomatito、Eなどの巨匠によって教えられ、13〜4歳の頃には“普通のフラメンコ?”を卒業してしまったようです。凄過ぎ〜!!

そんなアモスさん、2013年からマドリードのAteneo Jazz Madrid学校でジャズを学んでいるとのことです。

しかし、超恵まれた環境でのびのびとフラメンコ、いやギター音楽をしていますね〜!! 羨ましい限りです。

この動画は2013年のモノらしいので、なんと14歳の頃ということになります。
恐るべし中学生‥‥絶句!!

どんなものでしょうか‥‥!?

VICENTE AMIGO FLAMENCODANZA 2017
2017/10/06

VICENTE AMIGO(ビセンテ・アミーゴ)のライブ動画です。
何の説明も要りませんね。
理屈抜きにお楽しみ下さい。

どんなものでしょうか‥‥1?

Paco Soto DVD - Live from Cafe Berlin (AMOR)
2017/10/02

Paco Soto(パコ・ソト)さんの Live from Cafe Berlinでの “AMOR”というタイトルのタランタ、です。

ちなみに、Cafe Berlinといってもドイツではなくマドリードにあるライブハウス?のようです。

パコ・ソトさん、1991年ムルシアの生まれで、今はマドリードに住んでいるとのことです。

派手さはないのですが、とても内省的な、でもとても素敵なギターを聴かせてくれます。
私的には好きなタイプなのですが、日本では‥‥!?
どんなものでしょうか‥‥1?

Luis Davila Oria
2017/09/24

Luis Davila Oria(ルイス・ダビラ・オリア)さんによるロンデーニャ、です。

恥ずかしながら、ルイスさんのことに関しては何の情報も持っていません、youtubeで偶然見つけただけですので‥‥。
後で調べてみることにします。

まだお若いギタリストのようですね。
かなりセンスの良い感じがします。

どんなものでしょうか‥‥!?

ZYRYAB
2017/09/20

パコ・デ・ルシアのZYRYAB(シルヤブ)、です。

ギター馬鹿の知人から教えてもらった動画ですが、弾いているのは、どうやら素人さんのようです。
何処のどなたかは‥‥わかりません(-_-;)
ちょっとしたリズムの乱れもあるようですが、これだけ弾ければ楽しいでしょうね。

アドリブ部分も、ちょっとしたパクリもありますが、工夫の跡も見られるようです。

でも、良いですね〜、こんな素人さんとお友達になりたいと思います(^^ゞ
どんなものでしょうか‥‥1?

AURORA VARGAS-PACO CEPERO-BULERIAS
2017/09/18

AURORA VARGAS(アウローラ・ヴァルガス)とPACO CEPERO(パコ・セペーロ)によるBULERIAS(ブレリアス)、です。

アウローラさん、1956年セビージャ生まれ だそうです。
最初は踊り手としてデヴューしたそうですが、途中から唄い手に転向したそうです。来日経験もありますね。
唄い方がカマロンに似ているせいか、“女カマロン”なんて言われていた時もありました。

伴奏しているパコさんについては、説明は要りませんね。
しかし、伴奏の弾き方、素晴らしいですね。
やたらと自己主張はしていません。まさに臨機応変‥‥!!
見習いたいものです。

どんなものでしょうか‥‥1?

Paco de Lucia - Ziryab (Live in Sevilla)
2017/08/28

Paco de Lucia(パコ・デ・ルシア)によるZiryab(シルヤブ)です。
これはセビージャでのコンサートの一部で、ご覧になった方も多いと思います。

この曲はジャズ・ギタリストのジョン・マクラフリン氏の“meeting of the spirits(精霊との出逢い)”という曲をパコ風にパクッタものですね。さすがパクリ・デ・ルシアです。

フラメンコというよりも、ギター曲として素晴らしい曲だと思います。
聞いても気持ち良いのですが、弾いても気持ちの良い曲です。
誰か一緒に弾いてくれる人、いないかな〜!?

どんなものでしょうか‥‥1?

ギターによる癒し動画?
2017/08/22

Antonio Rey & David Cerreduela(アントニオ・レイ&デヴィッド・セルデュエラ)さんたちによるアドリブ合戦?です。

ちなみに、私のブログでもFACEBOOKでも紹介してしまいました。
あまりにも気持ち良さげに弾いているものですので‥‥(^^ゞ

理屈抜きにお楽しみください。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 |

- Topics Board -